湊川神社初詣2020|混雑回避の方法や駐車場を調査!参拝時間も

湊川神社初詣2020|湊川神社の概要とアクセス

湊川神社の概要

楠木正成は、延元元年(1336年)5月25日に兵庫県の神戸・湊川の地で足利尊氏と戦い殉節します(湊川の戦い)。

 

その墓は長らく荒廃していますが、楠木正成は理想の勤皇家として崇敬され始めます。

 

江戸幕末には維新志士らによっても祭祀されるようになり、彼らの熱烈な崇敬心は国家による楠社創建を求めることになり、慶応3年(1867年)に尾張藩主徳川慶勝により楠社創立の建白がなされます。

 

明治元年(1868年)それを受けて明治天皇は大楠公の忠義を後世に伝えるため、神社を創建するよう命じ、明治2年(1869年)、墓所や殉節地を含む7,232坪(現在約7,680坪)を境内地と定め、明治5年(1872年)5月24日、湊川神社が創建されます。

 

境内には楠公にゆかりのあるものを納めた宝物殿や能楽堂である神能殿や結婚式などのための楠公会館などもあります。

 

湊川神社アクセス

まずは湊川神社の場所の確認です。

所在地
〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通3丁目1−1

 

【電車の場合のアクセス】

JR神戸駅より北へ5分

阪神電鉄・阪急電鉄・山陽電鉄にて高速神戸駅
下車すぐ

 

【車の場合のアクセス】

大阪方面から阪神高速3号神戸線京橋出口
国道2号線を10分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です